マークアップ言語「XHTML 2」を「HTML 5」に統合へ - グレヌデサ La graine du dessin
News

マークアップ言語「XHTML 2」を「HTML 5」に統合へ

W3C からの正式な発表として XHTML 2 の策定作業が終了 (年内で期限が切れる XHTML2 Working Group Charter を更新しない) 、以降そのリソースを HTML 5 に集中することが発表されました。


今後のXHTMLはHTML5で
XHTML 1.1などのメンテナンスは活動終了までに行うものの、次世代のXHTML仕様はXHTML2 WGで行いません。すなわち、XHTML 2.0の策定は終了ということになります。

今後のXHTMLは、HTML5で定義されます。名前が「HTML5」とあるため紛らわしいのですが、HTML5仕様にはXML構文も含まれており、これは「XHTML5」と便宜的に呼ばれています。XMLでもcanvasやvideo要素などを利用することができるのです。

「XHTML 2.0と統合する」というわけではありませんが、機能のほとんどすべてがXHTML5でもカバーできるとされています。

XHTMLの今後に関するFAQも公開
HTML5の策定については以前より「XHTMLを蔑ろにしている」といった誤解が多く見られます。今回の決定でさらに誤解が広まることを危惧したのか、「Frequently Asked Questions (FAQ) about the future of XHTML」という文書があわせて公開されています。先ほど日本語訳を公開しましたので、参考にしていただけたらと思います。

これによって XHTML 終了とか、そういうことではないみたいです。
XHTML はこれからも普通に使ったらいいみたいです。HTML 5 は複数あるマークアップ言語の選択肢の 1つですので、用途や要件にあわせて最適なものを選択したらいいでしょう。

New Entries
TOP
Old Entries

Webトレンド情報局とは

クリエイティブグループスタッフがお送りする、Webデザイナーのための知識とTIPS。 PhotoShopの便利な豆知識や、CSSのお困り解決、デザイン概論などなど。
【隔週木曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive