頭ではなく体が反応してしまうデザインつづき。 - グレヌデサ La graine du dessin
Design

頭ではなく体が反応してしまうデザインつづき。

資料請求や会員登録など、わかりやすいコンバージョン(最終成果)があるサイトでは、
フォームを利用して成果を獲得することがほとんどです。
そんな中、フォームを入力している途中であきらめてしまうユーザーは少なくありません。

前回地図を例に体が反応してしまうデザインを紹介しましたが、フォームのデザインにもそれは当てはまります。
フォームの場合は、無意識にストレスを感じさせないようなデザインを目的とします。
ユーザビリティも密接に関係しており、その点も意識してデザインをすることで、
多少なりともコンバージョンを増やしていこうというお話です。
当たり前の事も書いていますので、フォーム制作の参考にご利用ください。

1.項目を少なく

ユーザーはせっかちで面倒くさがりです。なるべくユーザーの負担を最小限にしておきましょう。

2.入力する助けとなるようなボタンのデザインや配置にする

ウェブサイトの閲覧は通常、左→右、上→下への順に行われるため、「進む」を右側に配置するのが自然です。
フォームで最も大切なボタンは「進む」や「次へ」などのボタンなので、色や大きさを変えて
一目で分かるようにするのも良いでしょう。

3. 必須項目は必ずつける

ユーザーは必要な情報のみを入力して次に進もうとする傾向があります。
どの項目が必須かわからないと、無意識にストレスになってしまい離脱につながります。

4.別の手段で連絡がとれるように情報を提示する

ユーザーがフォームにうまく入力できない時のために、電話やメールといった別の手段でも
情報のやりとりができるように、どこかに表記しておきます。

5. エラーを分かりやすく

ユーザーが離脱してしまう原因の多くはこれです。
エラー時に「何がどういうふうに間違っていたか」という現状の説明と、
「その対処方法」を分かりやすく示すことで離脱を防ぎます。



上記はごくごく基本的な項目です。ジーピーオンラインはこういったノウハウを
入力フォーム最適化(英: EFO,Entry Form Optimization)」として様々なフォームに取り込んでいます。

入力フォーム最適化について是非ご相談ください>>


(takanosuke)

New Entries
TOP
Old Entries

Webトレンド情報局とは

クリエイティブグループスタッフがお送りする、Webデザイナーのための知識とTIPS。 PhotoShopの便利な豆知識や、CSSのお困り解決、デザイン概論などなど。
【隔週木曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive