Photoshopでの画像処理の便利機能 - グレヌデサ La graine du dessin
Graphic

Photoshopでの画像処理の便利機能

Photoshopでパス抜きや補正・処理などの画像処理を行う時、機能を把握していないとけっこう面倒くさいものですが、Photoshopには便利な機能があるのでそれらを駆使することで簡単に効率良く画像処理を行うことができます。

今回は2つの機能を紹介したいと思います。

1.ヒストリーブラシツール



hestory.gifPhotoshopで行う一連の編集作業の内容、作業ごとの画像の状態はヒストリーパレットに記録されており、簡単に一つ前の状態の画像に戻せます。
ヒストリーブラシツールは、ドラッグした軌跡をヒストリーパレットで指定したヒストリーの画像と置き換えるツールです。

■使い方
1、ヒストリーから元となる画像を選択します。
2、ドラッグすると、軌跡に併せてヒストリー画像でペイントされます。

■ツールオプション
・モード:描画モードを切り替えます。
・不透明度:描画色の不透明度を設定します。
・流量:インクの量を設定します。
・エアブラシのアイコン:一点でマウスを押し続けると、エアブラシの様に広がっていきます。

■使用例
今回は空部分を白黒にする前のヒストリー画像でペイントして建物部分を白黒で残し、夕暮れの空の色を強調しました。


moto.jpg
moto_2.jpg


2.パッチツール



prti.png左のアイコンがパッチツールを表します。
パッチツールを使用すると、傷や汚れなどを自然な画像に修正することが出来ます。
修復ブラシと違う点としては、他の部分の画像で覆う様に隠すという点です。
また、パッチツールでは修復ブラシツール同様、画像の一部を使用するのではなくパターンを使用して塗りつぶすことも出来ます。

■使い方
1、パッチツールを選択します。
2、オプションバーでソースを選択します。
3、修復したい箇所をドラッグして範囲指定します。
4、3で選択した選択範囲を補正元となる綺麗な画像のあるところまでドラッグします。
5、ドラッグ先の画像によって、画像が修復されます。

■使用例
影の部分をソースにしてゴミを削除しました。
moto2_2.jpgmoto2.jpg

(seishi)      

New Entries
TOP
Old Entries

Webトレンド情報局とは

クリエイティブグループスタッフがお送りする、Webデザイナーのための知識とTIPS。 PhotoShopの便利な豆知識や、CSSのお困り解決、デザイン概論などなど。
【隔週木曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive