SEOあれやこれや

テーマ「キーワード」

今回のSEO対策は「キーワード」

SEO対策におけるキーワードといえば
エンドユーザーが検索エンジンへの入力文字のことで、
具体的には「ユーザーが検索した際にサイトを表示させるための単語」のことです。
「サイトを表示するための単語」ともいえるでしょう。

では、弊社ジーピーオンラインのサイトを例に詳しくご説明していきます。
(基本からお話しますので少々長文になりますがお付き合いください)


検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトを上位に表示させる性質がありますので、
クリックされる(参照される)サイトを上位から表示させる傾向があります。

けれども、クリック数が増えるのを待っていたのでは莫大な時間もかかりますし、
時間を浪費すれば自ずとクリック数が増えるというわけでもありません。
そもそもユーザーが閲覧するページは検索エンジンの検索結果の2ページ目までといわれており、時間が経つにつれてクリック数が増える(上位表示される)ことなんてありえないといっても過言ではありません。

そこで、みなさんに見てもらえるようにサイトを上位に表示させたい場合、
当然ながらみなさんに見て欲しい、
 「ジーピーオンライン」という単語で検索結果に表示されないと問題ですから、
「ジーピーオンライン」というワードは間違いなく含めることでしょう。
ジーピーオンラインのサイトを見たいというユーザーは「ジーピーオンライン」と検索することで
ジーピーオンラインのサイトは表示されます。

けれども、残念ながらジーピーオンラインが何を表す単語かユーザーにはわかりません。
つまり、ジーピーオンラインを知っている人にしかサイトを検索されない(見てもらうことができない)のです。
人によっては「ジーピーオンライン」という単語から、
「ジーピーオンライン」=「バナナ」なのか、あるいは車なのか、
はたまた新しい電話サービスを思い浮かべる人もいるかもしれません。
もっとも、検索ロボットからすれば殊更なんであるのかわかるはずがないのです。

そこで「ジーピーオンラインとは大阪にあるweb制作会社ことです」と説明をすれば、
「ジーピーオンライン」=「大阪のweb制作会社」であるという認識が芽生えます。

検索ロボットも似たような傾向があり、
「ジーピーオンラインとは大阪にあるweb制作会社ことです」という説明をしてやらなければなりません。

ではロボットはどこで認識するのか?

検索ロボットは"ソース"と呼ばれる箇所に記述された単語を読んで内容を認識します。
"ソース"はロボット語ともいえるかもしれません。

お待たせしました。
長々とすいません。
ようやく今回の「キーワード」のテーマを説明させていただきます。

キーワードは主にロボットに向けて「サイトを表示するための単語」ですから、
「大阪のweb制作会社」とソースに記述してやることで、
「ジーピーオンライン」と検索しなくても「大阪のweb制作会社」だけで表示させてくれるのです。

そこでまた問題が・・・
大阪のweb制作会社というのはどれくらいあるでしょうか?
前述のように検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトを上位に表示させる性質から、
クリック数の多いサイトを上位表示させる傾向があります。
さらに(ここがポイントです)、
ユーザーに検索された単語にマッチするサイトも上位に表示させる性質もあるのです。

その性質を利用して上位表示させるというのが「キーワード」という部分です。
では、実際にキーワードを入力してみましょう。



キーワード入力方法


【1】タイトルにキーワードを含める

2月10日img1.jpg


サイト全体を表すキーワードはサイト内のどのページにも含めてください。
さらに下位のページのタイトルにはそのキーワードとページを表すキーワードを含めるようにしてください。
ページのテキストにはキーワードを5回くらい出現するようにもします。
単純にキーワードがたくさん入っていればいいというわけではありません。


【2】重要なキーワードを優先的に冒頭から入れるようにする

再三にわたってロボットの性質をいいますが、
ロボットは左から右に文章ではなく単語(名詞)を拾う性質があります。
下記の画像の場合、優先順位は「大阪」>「web制作会社」>「ジーピーオンライン」です。


【3】「タイトル」「メタキーワード・ディスクリプション」場合によっては「h1タグ」のキーワードをそろえる。

2月10日img2.jpg

SEO対策の基本中の基本ですが、意外とできていないサイトが多いのが現状で、
リスティング広告を行う際にも有効なので是非実践していただきたいと思います。
最近は悪質なSEO対策を行っているサイトのせいで、
ロボットがメタキーワードを読ないという噂がありますが、2語前後は含めておきたいところです。
※悪質なSEO対策はペナルティをうけ、サイトが上位表示されなくなりますので気をつけましょう。


以上をやれば上位表示間違いなし!ということにはなりませんが、
やるのは当然というスタンスで実践していただきたいと思います。


(takashi)






SEOあれやこれや

SEOあれやこれや、と言う前に

このカテゴリーではSEOにまつわる情報を、
「SEO」という言葉が死語になるまで紹介していく予定です。
今回が第1回目とうことで「SEOってなんだ?」というところから出発してみたいと思います。

ここ数年でグッと耳馴染みになってきたSEO。
そもそもSEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとったもので「検索エンジン最適化」と呼ばれます。
一般的な認識としては「検索結果上位に掲載させるテクニック」といったところでしょうか。

「じゃぁ、そのテクニックを習得すれば上位に表示させることができるようになるのか?」
なんて言われると狼狽してしまうところではありますが・・・。

と言うのも、世界各国には個人から、企業、国政のWebサイトが莫大に存在しますし、
それこそSEOに力を注いでいるWebサイトの数はいくら想像しても増える一方です。
さらに日本の検索エンジンにおける2大勢力であるyahoo!とGoogleの検索ロボットは
ユーザーに最適な情報を提供するために日々進化しているからなのです。


では何からはじめればいいのか?
前述したように検索エンジンは日々進化していますのでSEO対策は容易ではありません。

SEO対策としては大別して下記に分類することができます。

・内部対策
・外部対策
・インデックス対策

加えてその他もろもろといったところです。
次回からは具体的なSEO対策に関する事項を紹介していく予定ですが、
その前に・・・

Web担当者が「SEOだ」「SEOだ」なんて発狂していますが、個人的には所詮SEOだと考えています。

なぜなら「上位表示されるサイト」と「成約につながるサイト」どちらがお好みですか?

そもそもWebサイトをつくった目的に応じた運営こそが一番大切だと思います。

(takashi)

競合他社に勝つWebマーケティング

マーケティングって?

そもそも『マーケティング』というのはどういう意味でしょう。

以下は2人のマーケティングの巨人が定義した「マーケティング」。


『どのような価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること』
フィリップ・コトラー 「コトラーのマーケティング講義」


『顧客というものをよく知って理解し、製品(ないしサービス)が「顧客」に「ぴったりと合って」、ひとりでに「売れてしまう」ようにすること』
ピーター・F・ドラッカー 「マネジメント」


いずれも「うーんなるほど」ですがむつかしいですね。


インターネット時代を象徴するツール「ウィキペディア」(http://ja.wikipedia.org)がもっと端的に表現しています。


『顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動』
ウィキペディア マーケティング


WEBが最大限に力を発揮してくれるのが、
『情報をいかに届けて』、『お客さんがその商品を効果的に得られるように』する部分。


次回から、具体例を用いて説明していきます。
PC+モバイル両方行うと効果は倍増です。


1.マーケティングって?
2.WEBPR(パブリックリレーションズ)戦略
3.SEO
4.PPC広告
5.ブログ
6.メールマガジン
7.動画


(naoto)

ARを使った3D年賀状サービス開始

エプソン販売が12月7日、AR(拡張現実)を用いたカラリオ「3D年賀状」作成サービスを開始しました。

なかなか新鮮なことをやってくれました。WEB業界にいると、あーあれね、感が結構ありますが、きちんと企業のサービスとしてローンチしたことに脱帽です。
インフラ整備とカメラつきPCの普及で市場は整い、ライブラリーの動体検知精度もかなり上がり、キャズム越えの日も近いのではないでしょうか。
ASのライブラリーといえば、上記サービスのマーカー上にモデリングするAR Toolkitが一般的ですが、最近ではマーカーレスな PTAMというライブラリーが登場するなど、今後色々な分野での活用が期待されるサービスではないでしょうか。


動画:カラリオ「3D年賀状」




(ryota)
お役立ち情報

IrfanView でファイル形式変換・編集・リサイズ・リネームを一括変換する

IrfanViewといえば「多くの画像フォーマットに対応した画像ビューアー」で人気ですが、
それだけで終わらすのはもったいないほど使いこなせばこれ一本で完結したりします。
リサイズとリネームを一括変換できるので役立ちます。

(1)「ファイル」→「一括変換 形式/名前」

hisa_20091107_021.jpg



(2)ファイル形式の一括変換

hisa_20091107_03.jpg




(3)ファイル名の一括変換

hisa_20091107_04.jpg





<参考サイト>
IrfanViewを使いこなそう
URL : http://www.wanichan.com/beginner/graphic/iview/
Webトレンド

12月1日より返品特約改正

EC-CUBE案件が増えている中、 こんな記事を見つけました。
http://search.submit.ne.jp/blog/news/accessup/003897.html

現状の規制では「返品特約」が表示されている場合は、 販売者と購入者間の合意の下、 その表示に該当する内容の返品や交換が可能で、 それ以外の場合は、商品に瑕疵(欠陥や初期不良など)がある場合を除き、 返品できないということになっていました。
今回の改正では、この「返品特約」が表示されていない場合、 またその表示規定の要件が満たされていない場合は、 商品の引渡しから8日以内であれば、 商品に瑕疵がない場合(お客様都合の返品など)でも返品を受けざるを得なくなるといった内容です。
[引用元]さぶみっと!ブログ 「ネットショップ運営者さん!WEB制作会社さん!12月1日より返品特約の記載に関するルール改正ですよ。」より抜粋

要約すると 返品特約の法定事項を満たしていれば・・・事業者の定めたルールが優先
要件を満たしてなければ・・・8日間以内に送料消費者負担での返品を認めなければならなくなる ということのようです。

 ECサイトに関わる上でこういった情報にも注意を払わなければなりませんね。
Webトレンド

世界中のクリエーター相手にロゴコンテストを開催

logogarden.jpg


LOGO Garden
 http://www.logo-garden.com/

翻訳メイトという翻訳スタッフ(こちらも会員から捻出)が間に入ることにより、世界中のクリエイターからロゴを募集することが可能です。ただ、現在海外のクリエーターの投稿はあまり無い模様。今後人が集まると面白いサービスになりそうです。おこづかい稼ぎとスキルアップができそうなので、デザイナーの方は一度参加してみてはどうでしょうか。
Webトレンド

Xbox LIVEアップデート プレビュー受付開始、TwitterやFaceBookを統合

xboxlivetwitterscreen.thumbnail.jpg











XboxLiveにTwitterやFaceBookが統合。
http://japanese.engadget.com/2009/10/16/xbox-live-twitter-facebook/

XboxLiveとはネットワークを利用してユーザー同士のコミュニケーション可能にしたり、最新のニュース、ゲームデモなどを配信したりするプラットフォームです。

そのプラットフォームにTwitterなどのソーシャル機能が追加されるということで、
より一層ユーザー間のコミュニケーションを促進させることが出来るようになります。

PC、モバイルだけでなくゲームにまでこういったコミュニケーションツールが利用されることは
今までになかった展開ですので今後どうなっていくかが楽しみです。






Webトレンド

メガメニューが引き起こすGoogleペナルティ

-950ペナルティを引きこすメガメニュー|Sphinn Japan Blog
 http://blog.sphinn.jp/971.html

メガメニュー等を使用して1ページ当たりのリンクが100を超えてしまうと、900位近くまでいきなり下げられるペナルティがつく事例があるそうです(必ずではない)。便利なメガメニューもこんなSEOの落とし穴があるということで。 Googleでいきなり順位が落ちるペナルティの種類は下記サイトをどうぞ。

 Googleペナルティ 種類と実例、対処法のまとめ | ウェブ力学
 http://m-ishikawa.com/blog/2009/05/27/822/

ライフハッカー

仕事も生活も上手くこなすライフハック情報サイト「ライフハッカー」のご紹介。http://www.lifehacker.jp/

仕事のことから生活のことまで人生を上手くエンジョイ出来る情報が満載です。
仕事を効率よくこなすためのハックも多く掲載されているので是非参考にしていただきたいです。

罪悪感なく仕事の区切りを付ける4つのステップ
「短時間集中で休みもバッチリ」のほうが、仕事の生産性が上がるらしい

Webトレンド情報局とは

最新ネットニュースから、ブランディング戦略、マーケティングまで!Webサイトの活用術、解説します。
【毎月10日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive