SEOあれやこれや

テーマ「キーワード」

今回のSEO対策は「キーワード」

SEO対策におけるキーワードといえば
エンドユーザーが検索エンジンへ入力する文字のことで、
具体的にいうとは「ユーザーが検索した際にサイトを表示させるための単語」のことです。
「サイトを表示させるための単語」ともいえるでしょう。

では、弊社ジーピーオンラインのサイトを例に詳しくご説明していきます。
(基本からお話しますので少々長文になりますがお付き合いください)


検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトを上位に表示させる性質がありますので、
クリックされる(参照される)サイトを上位から表示させる傾向があります。

けれども、クリック数が増えるのを待っていたのでは莫大な時間もかかりますし、
時間を浪費すれば自ずとクリック数が増えるというわけでもありません。
そもそもユーザーが閲覧するページは検索エンジンの検索結果の2ページ目までといわれており、時間が経つにつれてクリック数が増える(上位表示される)ことなんてありえないといっても過言ではありません。

そこで、みなさんに見てもらえるように「シーピーオンライン」というサイトを上位に表示させたい場合、、
「ジーピーオンライン」という単語で検索結果に表示されないと問題ですから、
「ジーピーオンライン」というワードは間違いなく含めることでしょう。
ジーピーオンラインのサイトを見たいというユーザーは「ジーピーオンライン」と検索することで
ジーピーオンラインのサイトは表示されます。

けれども、残念ながらジーピーオンラインが何を表す単語かユーザーにはわかりません。
つまり、現状のままではジーピーオンラインを知っている人にしかサイトを検索されない(見てもらうことができない)のです。
人によっては「ジーピーオンライン」という単語から、
「ジーピーオンライン」=「バナナ」なのか、あるいは「車」なのか、
はたまた「新しい電話サービス」を思い浮かべる人もいるかもしれません。
もっとも、検索ロボットからすれば殊更なんであるのかわかるはずがないのです。

そこでジーピーオンラインを知らない人に「ジーピーオンラインとは大阪にあるweb制作会社ことです」と説明をすれば、
「ジーピーオンライン」=「大阪のweb制作会社」であるという認識が芽生えます。

検索ロボットも似たような傾向があり、
「ジーピーオンラインとは大阪にあるweb制作会社ことです」という説明をしてやらなければなりません。

ではロボットはどこで認識するのか?

検索ロボットは"ソース"と呼ばれる箇所に記述された単語を読んで内容を認識します。
"ソース"はロボット語ともいえるかもしれません。

お待たせしました。
長々とすいません。
ようやく今回の「キーワード」のテーマを説明させていただきます。

キーワードは主にロボットに向けて「サイトを表示するための単語」ですから、
「大阪のweb制作会社」とソースに記述してやることで、
「ジーピーオンライン」と検索しなくても「大阪のweb制作会社」だけで表示させてくれるのです。

そこでまた問題が・・・
大阪のweb制作会社というのはどれくらいあるでしょうか?
前述のように検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトを上位に表示させる性質から、
クリック数の多いサイトを上位表示させる傾向があります。
さらに(ここがポイントです)、
ユーザーに検索された単語にマッチするサイトも上位に表示させる性質もあるのです。

その性質を利用して上位表示させるというのが「キーワード」という部分です。
では、実際にキーワードを入力してみましょう。



キーワード入力方法


【1】タイトルにキーワードを含める


0210_1.jpg

サイト全体を表すキーワードはサイト内のどのページにも含めてください。
さらに下位のページのタイトルにはそのキーワードとページを表すキーワードを含めるようにしてください。
ページのテキストにはキーワードを5回くらい出現するようにもします。
単純にキーワードがたくさん入っていればいいというわけではありません。


【2】重要なキーワードを優先的に冒頭から入れるようにする

再三にわたってロボットの性質をいいますが、
ロボットは左から右に文章ではなく単語(名詞)を拾う性質があります。
下記の画像の場合、優先順位は「大阪」>「web制作」>「ジーピーオンライン」です。

【3】「タイトル」「メタキーワード・ディスクリプション」場合によっては「h1タグ」のキーワードをそろえる。

2.jpg

SEO対策の基本中の基本ですが、意外とできていないサイトが多いのが現状で、
リスティング広告を行う際にも有効なので是非実践していただきたいと思います。
最近は悪質なSEO対策を行っているサイトのせいで、
ロボットがメタキーワードを読ないという噂がありますが、2語前後は含めておきたいところです。
※悪質なSEO対策はペナルティをうけ、サイトが上位表示されなくなりますので気をつけましょう。


以上をやれば上位表示間違いなし!ということにはなりませんが、
やるのは当然というスタンスで実践していただきたいと思います。


(takashi)

Webトレンド情報局とは

最新ネットニュースから、ブランディング戦略、マーケティングまで!Webサイトの活用術、解説します。
【毎月10日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive