SEO・SEM

Fetch as Googlebot

サイトを新規作成や更新した場合、
Googleにインデックス化してもらうために
あなたはどのようなアクションを起こしていますか?

「アクションを起こさない」という方は別として
恐らく下記の方法でクローラーリクエストを行っていると思います。

1.Googleサイト登録(GoogleにURLを追加)
2.Googleウェブマスターツール>サイトマップ送信


先ず上記について簡単にご説明すると・・・

1.Googleサイト登録(GoogleにURLを追加)とは

Googleアカウントにログインしなくても、
ページのクローリングリクエストを行うことができるGoogleの機能です。

ex)


ただし、どのタイミングでクローリングしてもらえるかどうかは明言されていません。


2.Googleウェブマスターツール>サイトマップ送信

言わずと知れたSEOに不可欠であるGoogleウェブマスターツールです。
既述のGoogleサイト登録(GoogleにURLを追加)よりも確実で効果的なクローリングリクエスト方法です。

サイトマップを更新することで通常のクロール処理では検出されないページもインデックス化することができます。
※Google では、すべての URL をクロールする、またはインデックスに登録することは保証できないと公言しています。

ex)

一度送信するとGoogleはサイトマップをインデックス化(サイト構造を理解)しているので
複雑なディレクトリ構造のサイトでも通常のクローリングの際にきちんとインデックス化してくれるようです。

どのタイミングでクローリングしてくれるかどうかの正式なアナウンスはありませんが、
経験上(あくまで経験上ですので保障するものではありません)では、
クローリングリクエスト後、おおよそ3日以内にはクローリングが完了していることが多いようです。


Googleウェブマスターツールのサイトマップ送信でも3日もかかるクローリング。
しかしFetch as GooglebotというGoogleウェブマスターツールの機能を使えば
なんと、1日でクローリングしてくれる(らしい)のです!

ex) 株式会社ジーピーオンライン


操作は簡単で、送信したいURLを取得すると、
「URL」の項目に追加したURLがあるので、
そこの「インデックスに送信」をクリックするだけで完了です。


この機能さえあれば重要なページを追加(更新)した際や
間違った情報を上書きしたい場合に大いに有効(= Fetch as Googlebotのメリット)です。

積極的に利用したい機能ですね。

Webトレンド情報局とは

最新ネットニュースから、ブランディング戦略、マーケティングまで!Webサイトの活用術、解説します。
【隔週火曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive