IAツール&ドキュメント

WBSを用いたweb制作スケジュール(前編)


スケジュールのテンプレートはジーピーオンライン社内でもいくつかあるのですが、
制作期間や制作ボリュームなど案件自体の難易度によって、WBSでスケジュール管理をしています。
今回はそのWBSの作り方について取り上げたいと思います。


前編
 1.まずはじめに
 2.WBSのスケジュールだとなにが違うのか
後編
 3.WBSをつくってみよう
 4.WBSを用いたweb制作スケジュールテンプレート


1.まずはじめに

WBS(Work Breakdown Structure)自体は計画を立てる際に用いられるPMBOKの手法の一つで、
そのプロジェクトにたいして発生するタスクを作業単位で細かく洗い出していった項目一覧を指します。
ウェブ業界でもPMBOKを用いてプロジェクト管理をする手法が取り入れられてくるようになりました。
WBSについて話をする前にこのPMBOKについても触れさせてもらいます。


<PMBOKとは>

PMBOK(Project Management Body of Knowledge)とは要約するとPMI(Project Management Institute)という世界最大のプロジェクトマネジメントのプロフェショナル協会が策定したプロジェクトマネジメントの知識を汎用的に体系化したもので、事実上プロジェクトマネジメントの世界標準になっているものです。

従来行われてきたQCD管理(品質・コスト・納期の管理)以外に「スコープ管理」「組織・要員管理」「コミュニケーション管理」「リスク管理」「調達管理」という5つとそれらをトータルに管理する「統合管理」を含めた9つの考え方から構成されているのが大きな特徴になっています。9つの管理それぞれに「立上げ」「計画」「実行」「管理」「終結」という5つのプロセスと「入力」「ツールと技法」「出力」という3つのパートで分類されており、この通りに管理が出来れば無敵ですね。


2.WBSのスケジュールだとなにが違うのか


・納期までの流れを共有するためのスケジュール
・見積もりとともに納期を共有するためのスケジュール
・お客さまに関係のあるタスクだけをまとめた概算スケジュール


提案時の大まかなスケジュールから見積もり提出時の概算スケジュールなど
スケジュールを作成するタイミングによって、精度の違いや目的の違いが出てきます。


WBSをスケジュールに取り入れるということは、PMBOKでいうスコープ(必要な作業の範囲)管理になりますが、
何をつくるかがおおまかにでも決まっていないと(定義ができていないと)作成することができません。
つまり、前提要件とセットでWBSが作成されるかたちになります。


実際にはWBSを用いる案件となると頭の中で整理しきれない大規模案件になってきます。
要件変更などが生じて、各種タスクのスケジュールに見直しが必要な際に、
WBSのスケジュールだとどのタスクに影響があって、どこに問題が生じるかを把握しやすくなるのが利点です。



後編では実際にWBSを用いた制作スケジュールをつくってみます。

みなさんの理解が深まるよう、つくる過程をご紹介しながら説明をしていく予定です。
さらにスケジュールテンプレートを配布する予定ですので、乞うご期待!


(aiko)

Webトレンド情報局とは

最新ネットニュースから、ブランディング戦略、マーケティングまで!Webサイトの活用術、解説します。
【隔週火曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive