マーケティングの最近のブログ記事

ソーシャルメディア マーケティング

Facebookページの制作と運用のポイント第1回 - 戦略策定 -

Facebook旋風も最近少し落ち着いてきたころですが、これまでに私が感じてきたことを以下の4回の記事に分けてまとめてみたいと思います。

1.戦略策定 (第1回)
2.ページ構築 (第2回)
3.運用 (第3回)
4.成功事例 (第4回)

1.戦略策定
去年の暮れから一般のユーザーにもかなり浸透してきたFacebook。mixiに慣れている日本人にはあの独特のインターフェイスはなかなかハードルが高く、今後のユーザーの伸びも気になるところです。
そんなFacebookを使って「何かやりたい!」といったお客様からのご相談が増えてまいりました。
ただその"何か"がもっとも重要なのでして、成果を出すプロセスの中において、Facebookが最適かどうかしっかりと見極める必要性があります。

単に会社概要的なFacebookページを存在させるだけの目的であれば、5分で作ることができます。
しかし企業にとって成果が出せるようになるまでは、最低5ヶ月はかかると言われています。

私は普段ご相談を受ける際には、以下のプランニングメソッドを元にお話させていただいております。

・誰に (ヒアリング&リサーチ)
・何を (タグラインの決定)
・どのように (ユーザーエクスペリエンス設計)
・どこで (プラットフォームポジション)←今回の記事ではFacebook
・どうなる (拡散・コンバージョン設定)
・どこまで (ゴール設定)


誰に - 「幅広いユーザーを獲得したいのであれば、Facebookは向いていない?」
Facebookの日本人ユーザーは現在(2011年7月)400万人程度。
はっきり言って、まだまだ少ないです。ただし、その400万人のITリテラシーは非常に高く、頻繁に情報をシェアしている人間の割合がかなり多いSNSと言えます。
そういったサービスとそこに存在するユーザーの特性を知ったうえで、自分のビジネスターゲットとFacebookページで獲得すべきファンをシンクロさせる必要があるのです。


何を - 「コーポレートFacebookページは意味がない?」
これは、企業のページを作ることに意味がないと言っているわけではなく、発信する情報がPCサイトと同義であればわざわざFacebookページを作ったところでアクセス増加は見込めません。
そもそも企業のコーポレートサイトを最近検索したことがありますか?
企業のコーポレートサイトを検索する主な目的は、企業規模・IR情報・店舗情報・採用情報といったところでしょうか。
この情報を求めるユーザーに的確に伝えたいのであれば、マーケティングデータを元に、リスティング広告をやればいいわけです。Facebookを手段として使うのであれば、コーポレート情報ではなく、提供しているサービスや、商品のFacebookページを作ることが重要です。
たとえば、私はかっぱえびせんが大好きなのですが、かっぱえびせんのファンであって、そのメーカーであるカルビーのファンではないのです。ですので、わざわざカルビーのコーポレートサイト内にある、かっぱえびせんの紹介ページを探し出すことはせず、Facebookなどのソーシャルメディアを通じた口コミによってかっぱえびせんの情報を得ることになるでしょう。

このことは、"SMO(Social Media Optimization)"の観点から考えても最初のステップでもあります。
これではじめて"何を"が決まるわけです。

どのように - 「マルチポスト設定しているFacebookページは頻度が高ければ高いほどブロックされる?」
よくありがちなFacebookページで、Twitterや、自社ブログなどをアプリを使ってFacebookと同期しているパターンがありますが、これだと運用は楽なのですが、Facebookページをユーザーがフォローする可能性は低いでしょう。それどころか、逆にせっかくついたファンに対してマイナスイメージを与えかねません。
Facebookは企業ページでポストした内容がファンのウォールに強制的に表示されます。
そのポストが企業の自慢話ばかりで自分のウォールがいっぱいにされたら、間違いなく私はポストをブロックします。
Facebookを始め、ソーシャルメディアを活用する上でもっとも大切な事は、"ユーザーとの対話"です。
(これについては後日第3回 - 運用 - にて詳しく説明します。)
対話を成立させるには投げかけやユーザーが参加できるコンテンツが必要になります。
ユーザーがどう感じ、どういった行動を起こさせるのか、それを念頭においたコンテンツ設計が必要となります。

どうなる - 「Facebookのみで完結するプロモーションは成果が出しにくい?」
冒頭で説明した通り、正しい属性が取れるとはいえ、日本のFacebookユーザー数はmixiやモバゲー等に比べ、かなり少ないのは事実です。(世界規模で展開する場合は少し話が変わってきますが・・・。)
よって、拡散を目的とするならば、Facebookのみでは弱いため、ソーシャルプラグインやOGP(Open Graph Protocol)の設定など、複数のメディア展開を想定する必要があります。
そして拡散した後にアクションを促す、チェックインクーポンやスペシャル動画などユーザーがファンになる為のインセンティブを用意しましょう。
同時に資料請求や、実店舗への集客など、コンバージョンをしっかり設定して検証することが重要です。

どこまで - 「多くのファンを獲得することが成功とは言えない?」
当たり前ではありますが、Facebookでプロモーションをかけたが、ファンに成果を出してもらわなければ意味がありません。ただし、何をもって成果とするかは業態やサービスカテゴリにより変わります。
ソーシャルメディアを使ったマーケティングは短期的なプロモーションを複数のメディアと絡めて、中長期的にユーザーと対話を続ける必要があります。
ゴールの設定は、短期的なコスト回収と中長期的な投資計画の両軸で考えておくのがいいかもしれません。


以上、今回は戦略策定のところをサクッと書かせていただきました。
次回は実際にFacebookページを作る時のポイントをまとめようと思います。

(Ryota)
マーケティング

人気アニメを題材とした販促手法

近年あらゆる市場を賑わせている「けいおん」というアニメをご存知でしょうか?
そして、それは狭い業界内のみならず、通常は関連のなさそうな音楽業界や服飾業界にもその影響を及ぼしている、ということを。

前回は萌え文化を取り入れた斬新な発想で、一見どこにでもありそうなお米の販売が飛躍的に伸びたことをお伝えしました。
第三回目となる今回は、少し視点をずらして人気アニメに焦点を当てた販促手法についてレポートをさせて頂こうと思います。

さて、前置きしていました「けいおん」に関する話です。
「けいおん」という作品は『廃部寸前の軽音楽部を舞台にして、4人の女子高校生たちがガールズバンドを組んでゼロから音楽活動を行っていく』というストーリーのアニメです。
原作は漫画家"かきふらい"が描く4コマ漫画で、テレビ放送では第1期と第2期までが放送されました。
ちなみに、今後劇場版も予定しています。


まず、この作品を今回紹介するには大きな理由があります。
まず見て頂きたいのは下の2つの記事です。

1つ目はこれ。
まずはこの作品がアニメ以外の業界に及ぼしている影響についての記事です。
熱心なファン達は劇中のキャラクター達が使用する小物や楽器などまでも買い求め、その結果あらゆる業界にもたらしている経済効果はバカに出来ないほどになっているのです。

"ガールズバンド萌え"アニメ「けいおん!」の驚くべき経済効果           日刊サイゾー  
2010-12-16_201441.jpg


これほどの牽引力を持つ作品。
販促に活用すれば相当な宣伝効果を生み出すものでしょうか。

これに真っ先に目を付けたのは、これまでも『エヴァンゲリオン』などの作品を販促に用いてきたローソンでした。
ローソンけいおんフェア(※キャンペーンは終了しています。)
2010-12-16_201910.jpg


このフェアによって、一部では深夜に該当商品を買い求めて行列が出来た店舗もあるとか。
その結果、どれほどの経済効果を出したのかは、下の記事を見ると明白ですね。

はてなブックマークニュース
2010-12-16_221546.jpg
ここまでの販促実績をはじき出せる人気アニメの実力。
極論かもしれませんが、人気タレントを起用するよりも波及効果が高いかもしれません。
ただし、あくまで商材と題材がマッチしていることも重要なポイントだと忘れてはいけません。
『劇中に登場したから』という繋がりがあることが最も重要だと考えます。

以上、人気アニメを題材とした販促手法について今回は語りました。
何かしら感じて頂けるところがあれば幸いです。


※余談ですが、かの検索エンジンで『ローソン』と検索した結果、面白い結果が出てきました。
2010-12-16_204922.jpg
「ローソン」と打ち込んだだけで、検索予測の上位に、『ローソン けいおん』という文字が。
このことからも、一体どれだけ検索されたのか、ということが想像できますね。

個人的には、キャンペーンページのPV数がどれくらいだったのか、非常に興味を感じる今日このごろです。


(minoru)

マーケティング

メールマーケティング(1)効果の出るメールマガジンって?

FE030_L.jpgのサムネール画像インターネット黎明期から多くの企業が実施してきたメールマーケティング。
代表されるのが"メールマガジン(メルマガ)"です。

メルマガと聞いたあなたは、

『もう古い!』
『手間がかかる!』
『売上げにつながらない!』

と思っていませんか?


・・・そんなことは決してありません!!
ポイントを押さえたメールマーケティングをおこなうことで、
必ず成果を上げることが可能です。


それでは効果の出るメールマーケティングとはどのようなものでしょうか?
当然、使い古した定型フォーマットのメールを定期的に配信しているだけでは
メルマガを活用しているとは到底いえません。


このコーナーでは、進化し続けるメールマーケティングの事情を調査・ウォッチし、
最新情報から具体的なテクニックまでご紹介いたします。

まずはここ最近の"効果の出るメルマガ構成"の特徴についてご紹介いたします。


==================================================


1.一回のメルマガで発信する情報は一つ、かつ短く簡潔に情報を届ける。


昔は1週間に一度や2週間に一度の定期購読で
さまざまなテーマの情報が盛り込まれていても、
楽しく読んでくれるユーザーが確かに存在していました。


しかし、今では多くの情報を詰め込んでしまっては、
ほとんどの人にメルマガを読まれず情報が伝わっていきません。


皆さんはこんな体験をしたことはないでしょうか?
メルマガが送られてきているが、長い文章のためにすぐには閲覧せず、
そのままゴミ箱に直行する・・・。


私の場合、一日に仕事のメールを100件以上は受信しています。
内容を理解するのに時間がかかるメルマガは開封すらしません。
まず読んでもらうために、短く簡潔に情報を届け少しでもユーザーの記憶に突き刺さる工夫が必要なのです。


2.ユーザーのためになる情報を配信する。


店長の独り言や日記。やたらとハイテンション。一方通行の情報を押し付けてくるメルマガ。
こんなメルマガが巷にあふれかえっておりました。

・・・しかし、多くの人たちは望んでいません。


よっぽど興味のそそられる名物店長や好きな芸能人、友達などでない限り
日記や独り言に興味が沸かないですし、
やたらとハイテンションな文章は見ていて疲れてしまいます。

一方通行の情報(チラシ的なメルマガ)なんてものは、
迷惑とすら感じるのです。


重要なことは的確にユーザーをセグメントし、
そのユーザーが欲する情報をメルマガに盛り込むことです。

そうすることで企業メルマガとしての価値が上がり、
ロイヤリティの向上、売上げアップにつながっていきます。


3.定期的、かつ定時に(できれば毎日)メルマガを配信する

定期的なメルマガの配信をおこなうことで、
ユーザーの日課の一つに入り込みます。


必ず通勤・通学の電車の時間に目を通すメルマガ、
朝出社して一番初めにチェックするメルマガ、
という地位をユーザーの中に確立することでメルマガのファン、
ひいては企業のファンを増やすことができます。


想像してみてください。
送られてくるメールの一つ一つが自分の知りたい情報やメリットのある情報で、
そんな有益な情報が毎日届いたとき、
あなたはその企業に"恋心"に近い気持ちを抱きませんか?

==================================================

"今"と"昔"ではやり方、方法論がめまぐるしくかわっていきます。
今まで培ってきたノウハウと新しいトレンドをうまくミックスして
効果の出るメールマーケティングを実践してください。

 

(naoto)

マーケティング

オタク文化の広がりに伴う販促手法の変化

前回のレポートでは、いわゆる"オタク文化"にまつわる概念についてレポートしました。
筆者自身、日常からそういった概念や文化に触れる機会が多いのですが、
底に渦巻く、測り知れないユーザーのエネルギーに恐ろしさを感じてしまうことがよくあります。

代表的なものでは、「コミックマーケット」と呼ばれる同人誌即売会が挙げられます。

同人誌即売会とは要するに、「アニメやマンガを愛して止まない人たちが開催する、自費出版の本やグッズを販売するイベント」です。このイベントは毎年2回、夏と冬に東京ビッグサイトで開催されるのが慣習となっています。
それぞれ、3日間に渡って行われ、何日目に開催されるかで趣向ジャンルが分けられます。また会場も一定のジャンル枠に沿った配置がなされます。
このイベント、何が恐ろしいかと言うと、まず挙げられるのが参加者の数です。

開催期間である3日間で会場に集まる人数は、驚くことに全国から50万人以上もの参加者が会場に訪れ、お金に糸目を付けず、目当ての品を購入するために血まなこになりながら会場内をさまよい歩きます。

そう、彼らは『萌え』に対して金に糸目を付けない。
ここが今回の話のポイントです。

この世界には金脈が眠っているということが世間にあまり知られていない理由に、恐らくその市場の持つ特殊性が挙げられるのではないかと考えられます。ですが、その特殊性を逆手に取り、話題を独り占めにしたのは以下の農業協会です。

 

2010-10-01_230334.jpg


↑件の農業組合のホームページ(うご農業共同組合


ちなみに、この絵を描いたのは「西又葵」という、元は同人作家であり現在はプロとしてゲームのキャラクターデザイン、グラフィックデザインをしている人気イラストレーターです。


うご農業共同組合。

旧態依然とした農業という業界イメージを払拭し、より多くの若者に商品を認知してもらうために『萌え』を活用した発想力と行動力は非常に評価に値することだと思います。また、『萌え』を活用した結果どうなったのでしょうか?詳しくは以下の反響をご参照ください。抜粋となります。


【反響】

正直、当初は「こんな米袋作って大丈夫かいな」という感じだった。ところがいざネットで予約注文を始めるや否や、一日で千件もの注文が舞い込んだ。また盆踊り会館で行った先行販売には、県外からの購入者も、続々と訪れるという嬉しい悲鳴状態と相成った。

結果的に、九月下旬からの注文件数は三千三百件、数量にして三十ニトン。例年だと通年で十五トンが平均であったので、わずか三ヶ月で倍以上の売上を記録した。 また、ご購入される方は米よりも袋が目当てのお客様がほとんどだと予測していたが、七十名ほどの方々が、継続購入者となってくださっている。

実際、対応の遅さには苦情があったものの、米に関しては一件たりとも苦情はいただいていない。もちろん、だから対応が遅くてもよいだろうということではなく、今後はこれまで以上に迅速な対応を心がけていきたい。

うご農業協同組合ホームページより


こうした販促手法は現在、教育ソフトや書籍など様々な商材にまで波及しています。

ITtan_cover_0506-2.jpg

【超解 ITパスポートたん】電撃PC [超解]ITパスポートたんサイトより引用

 

daika_purespect.jpg

【カリフォルニア パレンシアオレンジ HIKARU】大阪市本場青果市場 : 生鮮市場こぼれ話より引用

※ちなみに、元は↓の画像がイメージキャラクターでした。あまりの違いに驚きを隠せません。

950b27ee.jpg

PureSpect公式サイトより引用 


筆者もオタクの端くれとして、『萌え』を活用したWebプロモーションで自社をアピール出来れば!と思っていますので、一度上司に猛烈なアタックをかけてみようと思います。乞うご期待!

マーケティング

オタク業界に見る、潜在ニーズの可能性


『腐女子』
『同人屋』
『2ちゃんねらー』
『ガノタ』
『ネトゲ廃人』
『中二病』...etc。


上記のような単語をお見かけになったことはあるだろうか?
おそらく、全部は分からなくてもどれか一つは「これは知ってる」という単語があったのではと思う。
そう、これらは全て『オタク』に関連したキーワードである。

 

それでは、この単語はご存知だろうか?


『電車男』
『ひぐらしのなく頃に』
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

 

いずれも『オタク文化』から派生してメディアミックスされた映画・ドラマのタイトルであり、社会現象を巻き起こすなどした経歴を持つ作品群である。
おそらく、聞いたことがある人は多いのではないだろうか。


このように、知っているようで不透明な『オタク』の世界...。
当ブログでは、いわゆる「アキバ系」や「萌え文化」などに代表される、いわゆる『オタク文化』についての記事を、ビジネス視点を交えて語ってみたいと思う。

このブログを読むことで、読み手の方々がいわゆる『オタク文化』やその業界について、先入観を取り払った視点で感じてもらい、あわよくばその文化に関心を持ってもらえれば至上の喜びである。

・どういう世界なの?
・彼らはいったい何を考えながら暮らしているの?
・仕事もしていない人は、一体どうやって収入を得ているの?
・業界的に、どれくらいのマーケット規模があるの?

などなど、疑問はいくつもあるのではと思う。
表の世界で過ごしているとなかなか見えてこないこの世界。
もしかすると、このブログの記事から何か新しいものが見えてくるかもしれない。

それでは、今回は初回ということもあるので、軽く触りから入ってみようと思う。

 

そもそも『オタク』の定義とは何だろうか?
ネット上のwikiなどを調べた結果、以下のように定義されていることが分かった。
内容としては以下の通り。

1、現在では、主に20代以降の年齢層でアニメ・漫画・ゲーム・アイドルなどを愛好する人のことを総称して指す。場合によっては「ヲタク」または「ヲタ」と表記されることもある。
元々ロリコン漫画誌から発せられた造語であるため、本来は性的表現も含むコアな漫画・アニメマニア(特に男性)を指す蔑称として使われてきた。

2、また、そこから派生して「ファッションに関心が無く自室にこもりがちな暗い人」を蔑視する言葉としても使われるようになった。これは、1の定義に当てはまる人たちの生活習慣や性格に上記のような傾向が多いことから来ていると考えられる。

3、以前は、特定の趣味分野に生活の時間や所得の多くをかける人達のことをそう呼んだ。
一般の方が使用する「アウトドアおたく」などの表現はここから来ていると考えられる。

引用元:Wikipedia「おたく」

調べた結果としては、数値などによる明確な定義付けというものというものはなく、いずれも受け取り手の印象によって変化するもので、現在は以前にくらべてこの文化に対する見方がだいぶ緩いものになっているようだ。


上記の例のように、人々の集団心理が世の中のトレンドを左右することがあると考えるならば、情報発信の仕方次第でこの業界におけるビジネスチャンスは今よりも飛躍的に向上するのではないだろうか。

このことからも、『ビジネスは心理戦である』筆者はそう感じている。
webを舞台に情報発信の第一線で活動する我々は、特にそのことを重く捉えるべきなのかもしれない。


さて、今回は表面的なことについて触れてはみたが、次回からはより業界のことを深く掘り下げ、問題提起をしつつ有益な情報を読者の方々に提供できればと考えている。
当ブログ記事を読むことで何かを感じ、そして得るものがあれば幸いである。

(minoru)

マーケティング

マーケティングって?

そもそも『マーケティング』というのはどういう意味でしょう。

以下は2人のマーケティングの巨人が定義した「マーケティング」。


『どのような価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること』
フィリップ・コトラー 「コトラーのマーケティング講義」


『顧客というものをよく知って理解し、製品(ないしサービス)が「顧客」に「ぴったりと合って」、ひとりでに「売れてしまう」ようにすること』
ピーター・F・ドラッカー 「マネジメント」


いずれも「うーんなるほど」ですがむつかしいですね。


インターネット時代を象徴するツール「ウィキペディア」(http://ja.wikipedia.org)がもっと端的に表現しています。


『顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動』
ウィキペディア マーケティング


WEBが最大限に力を発揮してくれるのが、
『情報をいかに届けて』、『お客さんがその商品を効果的に得られるように』する部分。


次回から、具体例を用いて説明していきます。
PC+モバイル両方行うと効果は倍増です。


1.マーケティングって?
2.WEBPR(パブリックリレーションズ)戦略
3.SEO
4.PPC広告
5.ブログ
6.メールマガジン
7.動画


(naoto)

マーケティング

マーケティングデータ まとめ

私はこうやってマーケティングデータを集めています。
 livedoor ディレクターブログ

様々なマーケティングデータのリンク集。有料のものもあります。
 情報分析や、提案書の説得材料としてどうでしょうか。
マーケティング

総務省「ブログの実態に関する調査研究結果」

ブログの実態に関する調査研究結果
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/survey/telecom/2008/2008-1-02-2.pdf

総務省が国内のブログ情勢に関して調査し、まとめたレポートです。

●内容

1 調査研究の概要
2 国内におけるブログのコンテンツ量(推計値
 (1)現在のコンテンツ量(2008年1月現在)
 (2)ブログ数の推移
 (3)記事数の推移
3 ブログコンテンツの多様化
 (1)画像・動画ファイル等の活用状況
 (2)コミュニケーション機能等の活用状況
4 スパムブログの状況
5 ブログの開設動機の傾向

【付録】
1 ブログの実態に関する調査概要
2 ブログコンテンツ量の推計モデル


1

Webトレンド情報局とは

最新ネットニュースから、ブランディング戦略、マーケティングまで!Webサイトの活用術、解説します。
【隔週火曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive