システムニュース

Google Books

初めてGoogle Books見たときは度肝を抜かれました。

入力フォームに、本のタイトルを入力し、検索結果から気になった本を選択すると、

なんとその本の中身が丸見え!
(多少の制限はありますが、ほぼ丸見えです!)

こんなサービスいいのか!?っと思いました。

個人が購入した本をスキャンして、ウェブサイトにアップロードしてるのと一緒やん!

と思いましたが、その辺の著作権はクリアできてるんでしょうね。


試しに、自分の趣味の本や、仕事で必要とする参考書なども検索すると、
ある程度中身が見られました。

今までamazon等で、他人の評価を見ながら本の購入をしてましたが、Google Booksで中身を一通り見てから購入することができます。

数年前では考えられないサービスですね。

その他、Wikipedia等で調べてみると、
「著作権が切れた書籍であれば全ページが無料で表示される」との事。

スゲーです!

大学図書館とも提携が行われているようで、

慶應義塾大学
ハーバード大学
スタンフォード大学
オックスフォード大学

その他にも多数の大学とも提携しているそうです。
本を読むのが好きな人にはたまらないサービスです。

今後、どんどんこういうサービスを利用して、
知識の吸収に励んでいく必要がありますね。

Google Books
http://books.google.co.jp/books

(hirohito)

Webシステムのツボとは

オープンソースの紹介や、プログラミング講座、フリーソフトのレビューなど、Webエンジニアが送る、つれづれ日記。
【隔週金曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive