システムニュース

無料携帯サイト解析ツール第1弾【myRT mobile】

最近、PCだけではなくモバイルでのアクセス解析を気にされるお客様が増えてきています。
モバイル版のアクセス解析はあまり市場で出回っているものではないようで手軽にできるものを
探していたときに見つけた【myRT mobile】をご紹介します。

■myRT mobileとは
myRT mobile とは、オーリック・システムズ社が提供する、タグ埋め込み型の無料アクセス解析ツールです。   
モバイルサイトのアクセスログ解析に特化しており、キャリアや端末の判別だけでなく、待ち受け画像の幅や Flash 再生機能の有無など、ユーザーの利用情報を細かく分析することが可能です。   
もちろん、時間帯別レポートやサイト参照元の情報も得ることが出来ます。   
また、PHP にも対応しているので、動的に生成されたページのデータも収集出来ます。
myRT mobile.jpg

■導入手順
Step 1:

myRTモバイル利用登録フォームに必要事項を記入します。
登録後記入したメールアドレスに、アカウントが発行されるので、メールアドレスの誤記入に注意してください。
解析用タグに、解析対象サイトのURLも含まれた状態で発行されるので、解析対象サイトURLのご記入にも注意が必要です。。
登録内容の確認を行い、登録を行ってください。

Step 2:
登録したアドレスに送られてくるメールに記載されている「ユーザ名」で本サイトからログインします。
レポート画面に移行したら、左メニューの「設定」をクリックし、プルダウン表示される「アカウント管理」をクリックしてください。
画面内「Tracking Tags」タブをクリックすると、ユーザ毎に発行されたケータイサイト解析用タグが確認できます。
httpsのページもDoCoMoとAUについては、解析できないようです。

Step 3:
登録したアドレスに送られてくるメールに記載されている「ユーザ名」で本サイトからログインします。
レポート画面に移行したら、左メニューの「設定」をクリックし、プルダウン表示される「アカウント管理」をクリックします。
画面内「Tracking Tags」タブをクリックすると、ユーザ毎に発行されたケータイサイト解析用タグが確認できるので
「HTML Tag」もしくは「PHP Tag」の中身をコピーして<body></body>の間に貼り付けます。
デフォルトで表示されている同一のタグを全ページに設置することで分析が可能です。
httpsのページでPHPファイルを利用するとエラー表示などの問題が発生する恐れがあるため注意が必要です。

Step 4:
タグを埋め込んだ後、しばらくするとデータが溜まってきます。解析結果を確認するには
myRTモバイルのサイトから、発行されたアカウントでログインすると解析対象サイトに来訪しているユーザをリアルタイムに閲覧、
日ごとのPV、ユニークユーザの変動、参照元や検索キーワード、クローラーの来訪頻度などを把握することが可能です。

■利点
最大な利点はケータイサイトビジネスに有効なレポートが全て無料で利用可能であることだと思います。
具体的なポイントは以下の7つです。
【ポイント1】利用された検索エンジン・検索キーワードや、サイト来訪に繋がった外部サイトなどの参照元情報、SEO/SEM対策に有効なクローラ(検索ロボット)も見える。

【ポイント2】キャリア特定のキャンペーンや、どのキャリアをターゲットとしたビジネス戦略を取るのかなどの意思決定に、効果の高い利用が可能。

【ポイント3】レポート上部のカレンダーアイコンをクリックすると、カレンダーが表示され、任意の1日、任意の1週間の傾向分析を行うことが可能。

【ポイント4】実際に来訪者が利用している携帯端末機能を把握することが可能。
市場に流通している携帯端末の機能と、来訪者の携帯端末に機能が必ずしも同一の傾向にあるとは言い切れないため
コンテンツ毎に異なる来訪者の携帯端末機能を理解し、来訪携帯端末の機能に合わせたコンテンツを展開することで、来訪者の満足度向上につなげることが可能。

【ポイント5】時間帯毎のアクセス状況
バブルチャートによる、訪問者セッションとPV、滞在時間のレポートでは、来訪者が複数のページを閲覧する傾向の高い時間帯の集中度を知ることが可能。
来訪者のライフサイクルと共に分析することで、コンテンツの更新タイミングや、広告の掲載タイミングに活かすことで、より効果の高い結果に繋げることが可能。

【ポイント6】各キャリア端末の利用機種、製品シリーズ、メーカーのトップ10を把握することが可能。

【ポイント7】来訪者端末全体の各Flashバージョンの対応比率をパイチャートで把握することが可能。
リッチコンテンツ戦略を行うに当たって、来訪者にストレスを与えない環境を把握することが可能。

■新機能の追加について
1. 端末790機種への対応と通信速度レポートを追加
公開から11カ月間経過し、今まで登録されていた620機種に、170機種の情報を追加し、分析対応端末は、全790機種となりました。これにより、 Flash、着うた/着メロ、2次元バーコード、お財布機能など、来訪者の利用環境を的確に把握可能となり、Flashに関してはFlash Lite3.1、Flash Lite3.0、Flash Lite2.0、Flash Lite1.1といったバージョン情報も提供します。また、新たに端末の通信速度レポートを追加し、コンテンツ戦略立案に必要な精度の高い情報を提供します。
さらに、機種のTOP10、メーカーTOP10など、「携帯端末インターネット利用実態データ」と同様のレポート形式なので、市場全体の状況と比較し易くなっています。

2.「再来訪頻度」のレポートを追加
来訪者数を「ユニーク」という項目で確認したり、閲覧ページ数を「PV」という項目で確認するだけでは、実際に来訪者が定期的にサイトに訪れ、モバイルサイトを媒介して密接なコミュニケーションを取ることができているかどうかは分かりません。
「再来訪率」を加えることで、一定期間に何回来訪している方々が、何人いるのかがわかるので、継続的なアクセスアップに繋がっているかどうか、密接なコミュニケーションを取れているのかどうかを視覚的に把握できます。

3.「DoCoMo」のリファラ情報の分析に対応
DoCoMoの仕様により分析が行えなかった、「参照元情報」「検索キーワード」に関して、最新機種においてDoCoMoがリファラ情報を公開したためmyRTモバイルの分析データでもデータが反映されるようになりました。

以上がmyRT mobileについてのご紹介です。

私の見解は、無料で利用できる点、使い勝手の良さ、データの豊富さはもちろんですが、何よりも"導入のし易さ"がmyRT mobileの良い点だと思います。
モバイル市場がますます重要になっていく中、モバイル戦略を企てていく際にもここまでデータ分析結果が把握できることは利用者にとっても
痒いところに手が届く的なより良いサービスを受ける事ができる事に繋がると思います。


次回は無料携帯サイト解析ツール第2弾としてついにモバイルサイトのアクセス解析に対応開始した【GoogleAnalytics】をお送りします。

(masato)

関連エントリー
New Entries
TOP
Old Entries

Webシステムのツボとは

オープンソースの紹介や、プログラミング講座、フリーソフトのレビューなど、Webエンジニアが送る、つれづれ日記。
【隔週金曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive