システムニュース

Zend PHP 5.3 Certification 資格取得のポイント

最近はスマートフォン開発なども盛んですが、まだまだPHPを使うことも多いのでしっかりした知識を身につけようと「Zend PHP 5.3 Certification」を受験してきました。

詳細はZend PHP Certification 受験体験記に詳しくのってますが、5.3にバージョンが上がってるので、それを中心に資格取得のポイントをまとめます。
※試験は2011年9月に受けました。現在、内容が変わっているかもしれませんがご了承ください。

試験について

・問題は英語
このバージョンでは日本語版がまだ無いため、テストの説明から問題、解答にいたるまですべて英語です。
ここが一番の"問題"だったりします。

・90分70問
「3〜5択問題」「5文から2つ選択問題」(5問ぐらい)「記述問題」(5問ぐらい)の70問です 。

出題範囲

・マルチバイト文字列はでない
たまたまかもしれませんが、英語圏向けテストなのでマルチバイト文字列系(mb_xxxx)はでませんでした。

・PHP 5.3 の新機能
でてました。バージョンを改訂したのは伊達じゃないようです。

・間違いやすい系
参照渡し、前置・後置インクリメント、変数のスコープ、スーパーグローバルなど数問でてました。

・DB
mysql_xxxxとかpg_xxxxはなかったですが、PDOが数問でてました

・XML
数問でてました

・クラス定義
数問でてました

・ファイル変数
$_FILE関連。数問でてました

参考書

以下の参考書で勉強しました

・ZEND PHP 5 Certification STUDY GUIDE
体験記でもオススメの参考書です。英語に慣れるために読みました。ただし、PHP 5.3の新機能はカバーして無いので、これだけでは足りません

・プログラミングPHP 第2版
試験対策だけでなくPHPを使うなら一度は読んでおいた方が良い本です





ちなみに結果は合格でした!

DSC.JPG

(teruhisa)

Webシステムのツボとは

オープンソースの紹介や、プログラミング講座、フリーソフトのレビューなど、Webエンジニアが送る、つれづれ日記。
【隔週金曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive