グレヌデサ La graine du dessin: Newsアーカイブ

Newsの最近のブログ記事

News

Androidの進化速度

去年の12月6日に、Android OSの最新バージョン、『OS2.3 Gingerbread(ジンジャーブレッド)』のSDK(ソフトウェア開発キット)が公開、配信されました。
AndoridのOSの更新サイクルは非常に早く、XPERIAで初期に搭載されていた『OS1.6 Donut(ドーナツ)』が2009年9月15日に公開され、次期バージョンの『OS2.1 Eclair(エクレア)は2010年1月12日、OS2.2 Froyo(フローズンヨーグルト)』は2010年5月21日(SDK 2.2)と、約半年ごとにメジャーアップデートを繰り返して進化し続けています。

特に今回のOSアップデートは、ゲームパット等によくあるAボタン、Bボタン、Cボタンや、十字キー等のゲーム専用にコマンドを備え、Androidを携帯ゲーム機として迎え入れてもらう体制を整えており、2月13日にSony EricssonからPSP携帯端末が正式公開すると発表されました。



また、おサイフ携帯の機能として、近距離無線技術NFC(FeliCaなどに使われている非接触ICカード機能)をサポートし、チップさえ搭載されればおサイフ携帯として機能できるようになります。


これは同じAndroid携帯であるauのIS03などが独自で搭載しているものと違い、OS自体が持ち合わせているので、導入がスムーズに行えるようになります。

このような最新機能をふんだんに盛り込まれたGoogleのNexus Sには既に2.3が搭載されており、新UIなどの機能向上をいち早く体感することができます。



また、今月の2月2日、PC対応の『Android Market on the Web』が公開され、端末を操作せずにPCから直接自分のAndroid携帯にアプリをダウンロード出来るサービスも始まりました。

端末独自の進化もさながら、PCと携帯をつなぐサービスもできはじめ、これからますます面白くなってくること間違いなしです。


関連リンク

android.com
http://www.android.com/

Android SDK ダウンロード
http://developer.android.com/sdk/index.html

Android Market
https://market.android.com/


(kazuki)

News

Webとマンガ

前回は原研哉さん「デザインのデザイン」という本をご紹介したが、今回はマンガのご紹介。


この年になってもマンガだけは手放せず、いまだにいくつかのマンガを収集中・・・。
忙しい時ほどマンガが読みたくなる。
なにより何も考えずに没頭できるところがいい。現実逃避か。


今お気に入りのマンガは、寝る前にボーっと読めるもの。脱力系。
「聖☆おにいさん」というマンガ。
これを寝る前に読んで、適当に眠くなったら寝るという習慣。

51n73oHH+zL._SL500_AA300_.jpg
(amazonから引用)


このマンガが連載されている月刊誌「モーニング・ツー」が、去年から新しい取り組みをしている。
月刊誌が発売されると同時に「まるごとWebでも無料公開する」という試み。

l_yog_morning2.jpg
(無料公開の告知ページ)


もちろん紙媒体のものを無料で、しかも発売と同時にとなると、
「社内外の関係各所と数え切れないほどの折衝」があったようだ。
Webでしか見られない特典をつけたり、逆に雑誌には別冊付録をつけたりとして
差別化を図り、様々な工夫の末・・・


雑誌の売り上げが上がったという。
なぜ。


Webでまるごと見せてしまったら、その分購入者が減って利益がへるのではないか。
だがモーニング・ツーでは逆に、結果として雑誌も売上を伸ばすという、
相乗効果が得られたとのこと。
(参照:【モーニング・ツー、Web無料公開で売り上げアップ(IT media)】)


Webで公開することにより、関心が薄い層への広告のような効果があったのだろうか。
雑誌とWebで内容に差別化を持たせたため、雑誌への影響も少なかったように考えられる。
もしくはWebでマンガが見られるというサービスはどこまで行っても雑誌の補助的な役割に過ぎないのかもしれない。
兎にも角にも、普段マンガを読まない人たちを巻き込むための、
より良いツールとしてうまく機能した結果だろう。



こういった動きはマンガだけでなく、雑誌や他の媒体でもとりいれられるようになっていくだろう。


ついでに私が務めている会社がリリースしているデジタルカタログエンジン「デジパ」を採用してくれたらもっと嬉しい。


さて、今日もマンガを読みながら床につこう。

(takanosuke)

News Other

Google Analyticsがモバイル端末に対応。その他機能拡張も。

Google解析が10月21日に、いくつかの機能拡張をおこないました。
その中で特に注目した点が携帯サイトへの対応です。
JavaScriptが走らない携帯端末からのアクセスも解析してくれるというのです。「from all web-enabled devices」がOKとのこと。今までこれは出来なかったはずなのに、どうやるのかというと、

サーバーサイドにコードを埋め込むことで実現するようです。
JavaScriptが走らない場合、やはりビーコンタグだけでは、どうにもならないらしいです。

近々解析のためのserver side code snippetが提供されるそうですが、日本語版でもすんなり使えるのかどうかは、今のところ不明です。
懸念する点の例として、検索エンジンからの検索ワードをとる場合、日本語は2バイトコードなわけですが、そこまで対応していればかなりのマーケティングツールになるかと。

We will be supporting PHP, Perl, JSP and ASPX sites in this release. Of course, you can still track visits to your regular website coming from high-end, Javascript enabled phones.

このようにPHP, Perl, JSP and ASPXの携帯サイトに対応するようです。
当然、iPhoneとAndroid向けの解析も充実。

しかし、携帯電話のハイエンド新機種は、PCなみのJavascriptが動くようになるそうなので、いずれいらなくなる機能かもしれませんが、一先ずご紹介いたしました。

News

マークアップ言語「XHTML 2」を「HTML 5」に統合へ

W3C からの正式な発表として XHTML 2 の策定作業が終了 (年内で期限が切れる XHTML2 Working Group Charter を更新しない) 、以降そのリソースを HTML 5 に集中することが発表されました。


今後のXHTMLはHTML5で
XHTML 1.1などのメンテナンスは活動終了までに行うものの、次世代のXHTML仕様はXHTML2 WGで行いません。すなわち、XHTML 2.0の策定は終了ということになります。

今後のXHTMLは、HTML5で定義されます。名前が「HTML5」とあるため紛らわしいのですが、HTML5仕様にはXML構文も含まれており、これは「XHTML5」と便宜的に呼ばれています。XMLでもcanvasやvideo要素などを利用することができるのです。

「XHTML 2.0と統合する」というわけではありませんが、機能のほとんどすべてがXHTML5でもカバーできるとされています。

XHTMLの今後に関するFAQも公開
HTML5の策定については以前より「XHTMLを蔑ろにしている」といった誤解が多く見られます。今回の決定でさらに誤解が広まることを危惧したのか、「Frequently Asked Questions (FAQ) about the future of XHTML」という文書があわせて公開されています。先ほど日本語訳を公開しましたので、参考にしていただけたらと思います。

これによって XHTML 終了とか、そういうことではないみたいです。
XHTML はこれからも普通に使ったらいいみたいです。HTML 5 は複数あるマークアップ言語の選択肢の 1つですので、用途や要件にあわせて最適なものを選択したらいいでしょう。

1

Webトレンド情報局とは

クリエイティブグループスタッフがお送りする、Webデザイナーのための知識とTIPS。 PhotoShopの便利な豆知識や、CSSのお困り解決、デザイン概論などなど。
【隔週木曜日更新】

運営会社:株式会社ジーピーオンライン

RSSを購読する

Monthly Archive